住宅ローン審査落ちた理由は書類が問題?

住宅ローンの審査に必要な書類について説明します。
①本人確認書類(運転免許証のコピーなど)②収入が確認できる書類(所得証明書、源泉徴収票、給与明細など金融機関によって異なる。
自営業の場合は数年分の納税証明書などの場合もあり。
)③勤続確認の書類、資料(健康保険証のコピー。
本人、扶養家族の欄が必要)④住民票⑤印鑑証明⑥自己資金確認のための書類、資料⑦購入する物件に関する書類などが必要になります。
借入額に関しては、年間返済額が年収の30%以内に納まっていることが基本です。
現在までに借り入れがあった人は、過去5年間に返済に遅延や滞納がないことが必須です。
又、申し込み年齢に制限がありますから注意して下さい。
もし、審査に通らなかった場合は、他行の審査を受ける前に落ちた理由を分析する必要があります。
住宅ローンの審査に通りやすい借りやすい銀行って?