看護師の仕事は?

叔母にあたる人が、ようやく離婚をしてふるさとに戻ってくることになりました。
久方ぶりに会った叔母は私が想像していたよりも元気で、「看護師の資格があるのだから、どんな時でも仕事に困ることはない。
あんな男に世話してもらわなくても食べていくことくらいできるわ」と強がりではなく、笑っていました。
本来は、看護士も看護師も同様の仕事を指します。
どこが違うかというと、男性を以前は看護士、看護婦は女性のことをいうように男女によって分けて名づけていたものです。
今は、男女わけずに看護師と統一して、呼ばれています。
看護師の資格を得るための国家の試験は、年1回行われます。
看護師不足が問題だとされている日本にとっては祝福すべきことに、ここ何年かの看護師資格の合格率は90%前後ととんでもなく高い水準をキープしている。
看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験とは違い、一定ラインをクリアできれば合格できる試験だ。
国の看護師資格試験は、毎年一度ずつあります。
看護師の数が不足している現状にとっての明るい兆しとして、今のところ看護師試験受験者の合格率は、90%というかなり高いレベルを、キープしています。
看護師試験は、大学入試などのふるい落とす形式ではなく、一定の水準に達していれば合格となる試験です。
看護師が外来でする仕事は、病院を訪れた方なら知っているように、点滴や注射、問診、血圧測定などをしたり、医師の指示のもと患者さんに処置を行います。
また、手術や検査などのときの移送も看護師の行う仕事となります。
患者と過ごす時間も多いため、ケガや病気の治療だけでなく精神の面でも配慮も行っていく必要があるでしょう。